パパイヤ太郎のパパパパ日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパイヤ太郎のパパパパ日記

パパパパと書いてます。自分では面白いと思って書いてます。

新卒で海外で就職する裏ワザ

海外のハナシ

ワッサッ!!

(訳、体調いかがでしょうか)

 

アマオーケーメン!!

(訳、私は元気にやっております)

 

ホープユエンジョッ!!

(訳、今日は新卒、もしくは若いうちに海外に赴任して働きたいっていう人の為の記事を書いたよ!見てね!)

 

f:id:maxilla4405:20170314214159j:plain

グローバル化

なんでしょう、ここ5.6年でグローバル化っていう言葉をよく聞きませんか?

 

僕は聞きます。

 

そしてそれに流されるかのようにバックパッカーへ行って(人生史上初海外がバックパッカーってどうなの)、新卒1年目から海外で働いてます。

まんまとグローバル化にやられました。

 

就活してる人でも、

若いうちから海外赴任のチャンスのある企業

 を目指して日々奮闘している人もいるのではないでしょうか?

 

企業もそれを売り文句にして学生集めてるようなとこ、ありますよね。

 

面接官「ウチはグローバルな企業デー、今後の海外展開ガー」

みたいな。

  

▼チャンスだらけ

f:id:maxilla4405:20170314214305j:plain

 企業も国際色豊かな学生を求めてるのは事実です。

だって日本は、今後人口も減ってくし、経済成長してないって言うじゃん? 

そしたらどうするって、海外に進出して、マーケットを広げるしかなくね?

 

時代的にも海外で働くチャンスは昔に比べてグーーーーンと増えているのだ。

 やったね!!!!!

 

▼駄菓子菓子(だがしかしbut)

f:id:maxilla4405:20170314214436j:plain

 

 

けどけれどイエットオオオオオオォォォォォォォォオオオオ!!!!!

(出典:野田洋次郎

 

でもね、駐在員ってとてもじゃないけど新卒に任せられるもんでもないの。

 

そりゃね、パナイポテンシャルを秘めたスーパーリクルート超人は別よ。

 

どうでもいいけどパナイポテンシャルって、フィリピンの格闘家っぽいよね。今ジワってる。

パナイ・ポ・テンシャル(27)

みたいな。わら。

 

うるせえ、話を戻すぞ。

 

英語が喋れるだけで海外に行ける、海外で働けると思ってる諸君、それは甘い。

うちの婆ちゃんの卵焼き並みに甘いぞ。

 

駐在員って高級な現地のマンションに住んで、海外手当という名の魔法によりて年収はダブルスコア、年収1000マンなんてザラリンコです。マジで。

 

そこまで会社が経費をかけてね、右も左も分からない去年まで「ウェーーーーーイwwwww」ってやってたやつを送りこむかね?

 

 

答えはNOだバッキャロー!!!!!!!

そこに並べこの潤滑油ども!!!!!

 

▼ここで裏ワザ

じゃあどうすんねん。って話だ。

 

答えは簡単。

 

海外で働きたいなら海外で採用されればええやん

 

天才かな。

いや、割とマジで。

 

就活してるとさ、中々周りが見れなくなってとりあえずリクナビの中から、マイナビの中から企業を見つけようとしがちだよね

そんなことせんでもね、早くから海外で働きたいならいっそのこと海外の企業に応募すればいいんだよ!!!!!

 

 

これは現地採用と言いまして、駐在員よか待遇は下がっちゃうんだけど、

 

若い時期から海外に放り出されて一人で強く生きていくってそれだけで給与以上の財産だと思うんだ、、、!!!!

 

▼まとめ

 

どうでしょう現地採用。

考えるのはマジでありだと思います。

何もそこの会社に一生いるわけではなく、そこで培ったスキルや経験を活かして日本の大企業に駐在員として転職、といういわゆる逆輸入的な事をしている人、狙っている人、カナーーーーーリいます。

 

こんな風に考える事、多いと思うんだけども↓

  • 日本で何年か仕事を覚えてからじゃないと会社は海外赴任させてくれない、、
  • それまでに結婚して子供もできて奥さんに反対されたら、、、
  • そうこうしてたら両親が高齢で面倒見ないと、、、
  • 初めから海外で挑戦できるならやってみたい、まだ若いし!

こんな人達は是非チャレンジしてみてください!!

きっとあなたの未来は輝かしいものとなるでしょう!!!!頑張れ!!!!!

 

サラバダ!!!!!!!