パパイヤ太郎のパパパパ日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパイヤ太郎のパパパパ日記

パパパパと書いてます。自分では面白いと思って書いてます。

【伝説のユニット】芸術とは時に凡人には評価できない

f:id:maxilla4405:20170329213808j:plain

芸術とはなんなんでしょうか。

コンニチワンコソバタリアン。

 

私ね、ギター弾くんですよ。ポロロンと。

当時は俗に言うロキノン系等のバンドを学生時代に組んでて、CDも自分らで出したりとかライブハウスに通ったりとか、タワレコの全国規模のオーディションで最終審査まで残ったりとか、ブサイクなバンギャに執拗に追い回されたこともあります。

俗に言う「音楽かじってた」やつです。

 

ちなみに好きなバンドはDragon Ash でした。と言うよりKjが好きで、そっからヒップホップにもズルズルいった感じなんですがね。

Steady&coとか大好きでした。レセッショウ!!

 

▼Dragon Ashを超える衝撃

まぁ、そんな私が最近youtubeをウロついていたら、衝撃的な音楽ユニットを見つけてしまいましたのでシェアしたいと思います。

一部巷では、伝説のユニットと呼ばれています。

まずは聞いてみてください。

衝撃です。

 

www.youtube.com

 

すごくない?wwwwwwwww

鼻水吹き出たwwwwwwwwwwww

完コピがほぼ不可能なレベルの難易度です。

どんな人生を歩んだらこの音楽観にたどり着いたのか、非常に気になりました。

 

完全にボーカルの方の語尾がF1です。みなさんここは鈴鹿ではありませんよ。

 

ちなみに本人達は真剣にやってる模様です。

音楽の本質ってやはり楽しむことにあるから、これが正しいあるべき姿なのかもしれませんね。

お客さんを楽しませることもできています。

 

笑いすぎて腹痛くて、最後までしっかり見れませんでした本当にありがとうございました。

 

やはりこれが理解できないあたり、音楽、ひいては芸術とは千差万別であり、ギターの方もボーカルの方も、解散しないのはお互いをリスペクトしているんでしょうね。

 

 

僕がメンバーだったらスタジオ入り4分でやめると思いますけど。