パパイヤ太郎のパパパパ日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパイヤ太郎のパパパパ日記

パパパパと書いてます。自分では面白いと思って書いてます。

日産営業マン「ブレーキ踏まなくても止まります」

f:id:maxilla4405:20170415140017j:image

高級車じゃなくてもいいから、快適な車に乗りたい。原付の二段階右折無視というトラップに陥って捕まった事があります。

パパイヤ太郎です。

 

ネットニュースを見ていたら、こんな記事を見つけました。 

 運転支援機能を搭載した日産のミニバン「セレナ」を試乗した客にブレーキを踏まないよう指示して事故を起こしたとして、県警交通捜査課と八千代署は14日、八千代市内の日産自動車販売店の店長男性(46)と同店の営業社員男性(28)を業務上過失傷害容疑で、試乗した客のトラック運転手男性(38)を自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、千葉地検に書類送検した。運転支援機能付き車両の公道での試乗事故は全国初。

 書類送検容疑は、営業社員男性は昨年11月27日午後4時50分ごろ、セレナの試乗に来たトラック運転手男性の助手席に同乗。店舗近くの八千代市大和田新田の市道で、アクセルやブレーキ、車線保持などの運転を支援するクルーズコントロール機能が危険を検知して自動停止すると誤った認識のまま、運転手男性に「本来はここでブレーキですが、踏むのを我慢してください」と指示。男性はブレーキを踏まず、信号待ちしていた乗用車に衝突。乗っていた30代の夫婦に全治2週間のけがを負わせた疑い。

 同社ホームページによると、セレナは、高速道路での運転を支援する「同一車線自動運転技術」と危険を察知して自動でブレーキがかかる「エマージェンシーブレーキ」を搭載。交通捜査課によると、本来は車両の単眼カメラで危険を察知して自動ブレーキがかかるが、事故当時は夜間で雨が降っており、追突された車は黒色だった。セレナに故障や異常はなく、同課では「対向車の前照灯など道路環境や天候が重なり、自動ブレーキが作動しないまま追突した」と結論づけた。

出典:千葉日報

http://www.chibanippo.co.jp/news/national/401244

 

▼今北産業

読むのが面倒な人用に3行で説明しますね。

 

  • 客が日産セレナに試乗
  • ブレーキは踏むなと店側が指示
  • 激突。営業、店長、が書類送検

 

▼客がかわいそうすぎませんか

要するに自動ブレーキの機能を体験してほしかったが為にブレーキ踏まないで大丈夫ですよ、と言ったものの自動ブレーキが作動しなかったみたいです。

幸いにも(?)激突された被害者の方々は軽症のみで済んだとのことでした。

彼らはたんまりお金頂けますから、まぁ良しとしましょう。

 

一番悲惨なのはどう見ても、試乗していた客じゃないでしょうか?

私も親父についていって新車を試乗した事があります。

その時の気持ちって言ったら、もうね、ワックワクなんですよ。あんなに楽しそうな親父を見るのは久しぶりだった気がします。

今回も頑張って日々仕事をこなし、自分へのご褒美もかね、奮発して新車を買うぞ!と意気込んでいた客の気持ちを察するとさすがにこれは同情しまくります。

しかも書類送検されてる。

検察官鬼すぎん?

 

同課では「自動運転機能は、運転者の安全運転が前提。あくまでも支援システムで限界がある。運転者が機能を理解すべき。警鐘を鳴らすため立件した」と話している。

出典:千葉日報

http://www.chibanippo.co.jp/news/national/401244

うーん、、、この記事を見ると、見せしめに立件したという感じがありますね。

いずれにせよ今後増えていくと予想されてる自動ブレーキですが、今回の一件で不信感や漠然とした不安感が増えたんでないでしょうか。

というか、そもそも私有地でテストしてからやれや。

 

▼こんな会話がされていたんだろう

営業「自動ブレーキすごいんです!勝手に止まるんです!ブレーキ踏まないでください!」

客「あはは、怖いなぁ。よし試してみるか 」40キロバビュ-ン

 

\ドーーーン/

 

検察官「店長、営業、客3人とも書類送検で」

店長「えぇ...」

営業「えぇ...」

客「えぇ...」 

 f:id:maxilla4405:20170415135930j:image

 

▼まとめ

やっちゃえ、日産